【オンラインレッスンコラム:ピアノ】今 始める

いつもRoute JAZZのブログをご覧下さり有り難うございます🤗

今回は、自身役でドラマ出演された経験を持ち、その繊細かつ壮大な演奏で人々を魅了しながら国内・海外にて幅広く活躍されているジャズピアニスト 遠藤征志さんによるコラム第一弾をお届けします😊テーマは、楽器を始める(または以前やっていた楽器の練習を再開する)タイミングや気持ちの持っていき方についてです。モチベーションを高めたり維持したりする事って、時として難しかったりしますよね。とても気になるトピックではないかと思います☺️

それでは、お楽しみ下さい♬♬

--------------------------------------------------

初めて楽器をやろうとしているお子様、大人の方、昔やっていて何年も

辞めて触ってもいなかったけれどまたやりたい!と思っている方、クラシック

はやっていたけれどそれ以外の思考で楽器に接する事がなく、今興味が湧いてき

た方、他にも様々な方がいらっしゃると思います。

自分も10年間pianoから遠ざかって22歳から再度始めました。

自分の考えですが、やりたい気持ちの後押しになればと思い、少し書いてみたいと

思います。

 誰もが 自分なんてもう遅い、、、と考えてしまう事があると思います。

自分もそんな思考との戦いでした。上手くなりたい、プロになりたいなど目指す所は

人それぞれだと思いますが、上達するには「練習・勉強・実践」やはりこれしか

ないのですが、地道な事を長年やるには「気持ち・モチベーション」やはり、これが

切れてしまったら練習にも向かえないと思います。

まず自分なんてもう遅い、、と思ってしまうのは、人と比べてるからだなと気付きま

した。自分と同世代、年下でもう凄い上手な人がいる、、これだけで参ってしま

う事ってあると思います。

未来の自分のなりたい憧れの姿、ただそれだけを考える。

周りを気にする事なんて気にしない。今は弾けなくて当たり前。

5年後 10年後 20年後の自分がどんなプレイをできているんだろう と

ワクワクしながら自分は練習に臨みました。

モチベーションを保つ事。きっと人それぞれだと思いますが、

これを自分なりの方法を掴める良いと思います。

 自分は気持ちを上げるために沢山のライブに聴きに行きましたが、同世代のライブ

には行きませんでした。なぜなら自分との差を感じて絶望的な気持ちになるため、、

なので回避していました。あえて年上の演奏家を聴いて只々強い憧れの気持ちを高める

ことをしました。 そして10年後にこんな演奏をするんだ!と言い聞かせて常にワクワク

するように自分を持っていきました。同世代や年下の演奏を聴くのはずっと後になってから!

という自分の謎のルールを作って モチベーションが下がらないようにそこを大事に気を

つけていました。

 誰に何を言われたとしても 未来に自分が素敵に演奏していたら こんな幸せな事はない。

こんな風に思うと未来が待ち遠しくてやる気が持続しました。

どんなスタートにせよ 一日一日昨日より少しだけ上達する。これを毎日繰り返してい

けば半年後 一年後 自分の変化に気づくと思います。それを継続していけば必ずなりたい

自分に辿り着けます。もう遅いなんて絶対もったいない。今始めたいという気持ちが宝物です。



------------------------------------------


遠藤征志先生のレッスンはこちら↓↓
https://routejazz.com/teacher/endo/

遠藤征志

遠藤征志 - seiji endo - ピアニスト / 作・編曲家 / サウンド・プロデューサー Profile - プロフィール - 1978年4月新潟市生まれ。玉川大学教育学科卒業と同時にプロ活動…

#ジャズ, #ピアノ, #オンラインレッスン, #モチベーション,