TEACHERS講師紹介

加治 雄太Yuta Kaji

ジャズギタリスト

加治 雄太(かじ ゆうた)

Profileプロフィール

1984年10月22日生まれ。
明治大学 Big Sounds Society Orchestra出身。
現在、GENTLE FOREST JAZZ BAND、大田垣正信 × 加治雄太、“対話TAIWA”に所属。

2005年、山野楽器主催「YAMANO BIG BAND JAZZ CONTEST」にて優秀賞、スイングジャーナル社主催「Winter Big Band Contest」にて最優秀賞を受賞。
2010年、プロミュージシャンとしてのキャリアをスタート。
2015年、石川周之介カルテットのオランダ~イギリス~ドイツへのツアーへ参加。
2018年、大田垣正信 × 加治雄太「Live at TheGLEE」をリリース。
2020年、GENTLE FOREST JAZZ BAND「GENTLEMAN'S BAG」、“対話TAIWA”「“対話TAIWA” 蔵であそぶ」をリリース。

スイング、ビバップ、ハードバップ、コンテンポラリーまで、ソロギターからビッグバンドギターまで、その演奏スタイルは幅広く、これまでに多くのサポートやレコーディングに参加。
また、ギター以外の指導にも定評があり、ビッグバンドやアンサンブルの指導も精力的に行う。
Count Basie楽団のギタリスト・Freddie Greenを敬愛し、そのリズムギターのサウンドは他と一線を画す。

(※ウクレレ指導も可能)

Comment先生より一言

ギターは、ジャズにおいて、少し変わった立ち位置の楽器です。

ピアノのような、複雑な和音は出せません。
サックスのような、説得力のある単音を出すには…工夫が必要でしょう。

でも、ジャズギタリストは、バックプレイヤーにもフロントプレイヤーにもなれます。
ギターは、一緒に演奏するメンバーによってその表情を変える、様々な役割を担当出来る楽器なのです。そして、学べば学ぶほど、音楽全体を見渡せる楽器なのです。

ソロギターでは、たった一人でも、和音とメロディーを美しく奏でることが出来ます。
ビッグバンドギターでは、大勢のバンドメンバーが作り出すSwing感、その中心にいる自分と出会えるでしょう。
ギター片手に、ジャズスタンダードを歌うのも良いでしょう。
ギターは、場所を選ばず手軽に楽しめる楽器です。

自分の手で大好きな名曲を奏でる喜び。
ジャズギターを通じて出会える多くの仲間。
どちらもかけがえのないもの。きっとあなたの人生を豊かにしてくれるはずです。

レッスン料

月 一 回
¥5,000 / 50分(税込)
月 二 回
¥10,000 / 50分 × 2回(税込)

受講の詳しい内容については右のボタンからお問い合わせください。
お送り頂いたフォームを確認後、講師より返信致します。
※返信にはお時間を頂く場合がございます。

体験レッスンはこちら